ビットコイン先物の取引の影響は?

menu
HOME » ビットコイン先物 » ビットコイン先物の取引の影響は?

ビットコイン先物の取引の影響は?

2017年の12月にビットコイン先物取引が導入されたことによって、ビットコイン市場ではどのような影響があるのでしょうか?
近年、ビットコイン市場は新たな投資方法として注目されてはいるのですが、市場全体で考えるとまだ安定しているとは言えません。
確かに2016年の年末は1ビットコイン4万円で購入できた物が、現在1ビットコイン180万円という金額を叩き上げています。
現在の1ビットコイン価格180万円で計算した時に、億を超えるビットコイン保有者は多々います。

そして、2017年末〜2018年にかけてビットコイン市場は今までにない注目を浴びていることから、各取引所がビットコインの先物取引の導入や上場を目指したりしています。
そのため、ビットコイン市場は1日の変動金額も大きく、ビットコイン市場で注目される日は1日で50万円の変動があったのも事実です。

ビットコインが高騰することによって、機関投資家がこれ以上の値上がりはありえないと予測し、空売りをしてしまえばビットコインの価値は大暴落し、1ビットコインの価格が数百円となる可能性もあります。
たったそれだけで、ビットコインの価値が大暴落するくらいの市場ということになります。
それくらい、ビットコイン先物の取引方法は若く、信頼がまだ薄いと言われています。

空売りをする投資家も中にはいると思いますが、みんながみんな空売りすることはありえないです。
投資家からすると新しい投資法として注目されている中で、空売りをすることによってビットコインの価値を大暴落させれば、ビットコインへの投資法は無くなってしまいますし、他の仮想通貨の価値まで同時に大暴落してしまいます。
投資家もそんなにバカではないので、今の利益だけを求めて空売りをしてしまいビットコインの価値を大暴落させてしまうとこれから注目される新しい投資法を潰してしまうことになりかねないので、現実的には機関投資家の空売りの可能性は低いでしょう。
そのため、これから投資しても大きな損失が出ないのは確かですが、ビットコイン先物が各取引所で上場するたびに価格の上下は著しいと予測されています。

ここでは、ビットコイン先物の市場は、安定していないと断言できます。
機関投資家の空売りが続けばビットコインの価値が簡単に大暴落をしてしまうほどの市場であることは頭に入れておいてほしいです。
注目はされているが、それだけ投資している人が少ないということです。
そのため一人一人の取引がビットコイン市場での影響が大きいみたいです。