ビットコイン先物のは日本ではどのような注目度?

menu
HOME » ビットコイン先物 » ビットコイン先物のは日本ではどのような注目度?

ビットコイン先物のは日本ではどのような注目度?

2017年12月にビットコイン先物がアメリカシカゴの取引所で先陣を切って導入されたのですが、ビットコイン先物取引は日本ではどのような影響や注目度があるのでしょうか?
ビットコイン保有率が高いのは日本人ということで、ビットコイン先物は日本でもかなり注目度が高い投資法となっています。
また、日本はビットコインの普及率が高いという点に各証券会社や日本の会社が注目し、新たにビットコインの取引所を日本人向けに開設が決定していたり、日本でのビットコイン先物の上場が間近ではないのかと予測されています。

また、ビットコイン保有率に影響しているのか、ビットコインを取り扱う全世界の取引所の中でも、日本のビットコイン取引所は高値を維持しているのも確かです。
ビットコイン先物の市場を引っ張っているのが、日本というのは確かですが、その反面、日本ではビットコイン先物の取引のバブル崩壊が懸念されています。

日本のお隣の国中国は一時期、ビットコイン保有率は圧倒的な1位でした。
しかし全ビットコインの9割近くを中国人が保有していたこともあって、暴落の際の被害を防ぐことを理由に中国政府では規制に入ってしまいました。
また、当時ビットコインを利用した詐欺も出回っていたことも理由ではあるそうです。

中国の本当の狙いは、中国政府が自身で仮想通貨が作りたいのが理由ではないのかと言われています。
他の国の仮想通貨のビットコインに投資してもらうのではなく、中国政府が作り上げた仮想通貨に投資してもらうのが目的だったと言われていましたが、2017年に入って、中国政府のビットコイン規制は解除されて、現在は従来のように取引ができるみたいです。

このように世界的にビットコイン先物取引市場は昔よりも注目され、新たな投資法として国民からも圧倒的な支持を受けているものの、ビットコイン市場全体は他の投資法と比べ規模が小さいこともあって簡単にビットコイン先物のバブルが崩壊すると懸念されているみたいですね。
ただ、日本人に空売りが連続してしまったり、ビットコインの価格の価値に対する変なデマが出回らない限りは現状の価値は維持するとともに、2020年の1ビットコイン1800万円越えの価格が叩きだされるのは確かではないかと考えられています。
ビットコインを長い目で見る場合は、2020年を一つの節目として考えると、ビットコイン先物の取引が上手くいくのではないでしょうか。