ビットコイン先物海外での反応や注目度は?

menu
HOME » ビットコイン先物 » ビットコイン先物海外での反応や注目度は?

ビットコイン先物海外での反応や注目度は?

ビットコインの保有率が高い日本ではかなり注目されていますよね。
夕方のニュースからお昼の番組までビットコインの話題で持ちきりです。
そんなビットコイン先物の市場は海外ではどのような注目度なのでしょうか?
ここでは、ビットコイン先物の海外市場について紹介していきます。

世界経済の中心といえばアメリカということで知られています。
2017年12月にシカゴのCBOEでビットコイン先物の上場がされ、相次いでビットコイン取引を行なっている企業が上場すると発表されています。
全世界取引所の時価総額2位のナスダックも2018年の6月辺りにビットコイン先物をナスダック・フューチャーズ市場に上場させることを目指しているそうです。
世界的有名な取引所ナスダックまでも、ビットコインの先物を上場させようと目指していることから世界的にもビットコイン先物は注目度が高いといえるでしょう。

2017年12月のCBOEのビットコインの先物の上場が理由にビットコインの取引所のサイトがクラッシュするほど投資家が注目していたらしいです。
ビットコインは日本人にとってものすごく身近な仮想通貨で新たな投資法とされていますが、海外からも大きい反響を受け、2017年12月のビットコイン価値上昇がバネとなり、海外では再度注目を浴びているそうです。
日本だけでの注目度と、全世界で注目されているのは違いますよね。
ビットコインは、全世界で注目されているので、価格の浮き沈みが激しい現在ですが、2018年の年末辺りには、1ビットコイン辺りの相場も安定してくるのではないでしょうか。

価格の安定どころか、2020年頃までは価格の上昇が予測されているので、1ビットコイン200万円近くかけて投資しても利益率は十分に高いでしょう。
ビットコインを安定した投資法として取り入れる場合は日本人からのビットコイン普及率だけではなく、海外からの注目度も必要といえるでしょう。
2018年現在では、ビットコイン先物市場の海外からの注目度も高いため、これから落ち着いていく傾向でしょう。
また、ここ数か月でビットコイン先物取引が注目されていることもあって、日本でもビットコイン先物取引の注目度が高いようです。

日本でのビットコイン先物取引の上場が先なのでしょうか?
それとも、アメリカのナスダックでのビットコイン先物取引が上場するのでしょうか?
ここは、ビットコイン保有者にとっても注目しているポイントだそうです。